2017年02月27日

若のTシャツ日記1091★フロッキー★ハイキングJK★ベンダブル★

こんにちは わかです



今日はポカポカ陽気の 穏やかな天気ですね

もう気分は春♪

そろそろ冬物を脱ぎ捨て 春物が着たい時期です








そんな ポカポカでのんびりした中

若家に衝撃的な事が判明しました!


若家の同居人


猫の 大吉とサンダー  ふと気付けば・・・・・

IMG_0799.jpg

こんなに大きくなりました








ここで問題なのです!

右側に寝そべるのが  サンダー

こいつ 弟なのですが、隣の兄 大吉より倍近くの大きさに・・・・


ふと体重をはかってみると

左 4s    右 8s

。。。。。。。。


そこいらの赤ちゃんより重い サンダーでした。。
なので、現在ダイエット中の 我が家のネコ





そんな 春うらら


本日のご紹介です












70's ARROW USミリタリー 総柄シャツ
¥15900+TAX




P2270015.jpg


P2270019.jpg


P2270020.jpg








「USMC」「NAVY」「ARMY」「AIR BORNE」などのスコードロンや階級章、パッチなどがプリントされたビンテージ・ファブリックを使用した1枚






Arrowの中でもサブラインと思われるMACH2(マッハ2)という名前も、当時のコンコルド(飛行機)やムスタング(クルマ)に追いつけ追い越せといった70sのスピード感が伝わってきます。

こちらのライン

ファブリックを使用し、他にも総柄のシャツが多数存在します。




中でも本日はミリタリー仕様



コットン地のサラッと着ていただける1着です

















70's Sears チェック柄ボタンダウンシャツ
¥5900+TAX





P2270009.jpg

P2270010.jpg


P2270012.jpg


P2270014.jpg



お次はお馴染みの SEARS






PERMA-PRESTとタグに謳われたシャツ。
おそらくアイロン要らずが売りだったんでしょうね





何と言っても この配色

華やかに見えますが、この春先に重宝しそうな1枚




3つ留めタイプ



そして生地感






リネン混の様なザラツキのある1着です





















60's "SEATTLE WORLD FAIR" フロッキープリントスウェット
¥25900+TAX





P2270002.jpg

P2270006.jpg

P2270007.jpg


シアトル万国博覧会 Seattle World's Fair 1962


image003.jpg


1962年4月21日から10月21日までアメリカ合衆国・シアトルで開催された国際博覧会の1枚


mig.jpg



テーマは「宇宙時代の人類」

シアトルのシンボルタワーであるスペースニードルはこのときに建てられたそうです





柄もさる事ながら





この緑がフェードした良いカラー
OLD物では中々見かける事の少ない色目です






着丈もしっかりとある縦長のサイズバランス


オススメです














60's〜70's パッチカスタムジャケット
¥12900+TAX



P2270009.jpg


P2270019.jpg


P2270004.jpg


そして本日の 3STYLEに使用したこちらの1着


1.jpg


Northern territory


20120501_10-thumbnail2.jpg


オーストラリアのハイキングJk






Ayers_Rock_Northern_Territory_Australia1.jpg


2.jpg

オーストラリアの色々な州のパッチが散りばめられたこちらの1着




ライニングはネル地が張られています




シンプルなデザインながらも このハイセンスな感じが好きです





今期は 本日の様なワッペン等の付いたものに当店注目しております♪











最後は おまけ。




Russ Berrie製 レッドデビルフィギュア 5体セット
¥1500+TAX


ミニ デビル





こちら手足をクネクネ動かせる ベンダブル人形です


マントもちゃっかり付いてます



RUSS BERRIE AND COMPANY,INC.
1963年、アメリカ・ニュージャージー州で誕生したラスベリー社は、世界を代表するギフトカンパニー


そんな RUSS製の5体です







では今日はこの辺で。

おやすみなさい。


posted by Feeet 店員 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月26日

まっすーのアメカジ女子トーーク。no.59★80s パキジャン★ピカソ総柄JK★




こんばんは!



増島です半月






先日の晩、ある映画を観ました




「Me before you」



ダウンロード (1).jpg




日本版のタイトルは「世界一キライなあなたに」









これが本当にどうにも たまらなく感動したので

少しご紹介させてください。




ネタバレになってしまうかもしれないのでこれから観る予定のある方は、スルーしてください わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)












簡単なあらすじとしましては。。。






田舎のとても貧乏な家庭で育った26歳の主人公のルイザ・クラーク。



家庭の事情から 、家族のために必死になって仕事を探すルイザに

「介護」の仕事が紹介されることから物語が始まります。



事故で首から下全てが麻痺になり、

体を動かすことができなくなってしまい、

生きる希望を失ってしまった元青年実業家のウィル・トレイナーの介護、話し相手の仕事です。



裕福で、ハンサムで、仕事もスポーツも女性もすべて思い通りに生きてきたウィル。


体が動かなくなってしまい、すべてを失ってしまい、



世話役のために雇われたルイザにも、初めはとても冷たく接するんですが、、、




ルイザの素直で明るい性格、奇抜なファッションにだんだん心を開いていきます



ですが、ルイザはウィルにはもうあまり時間がないことを知り。。。







と言った、安楽死についても話題となった問題作と呼ばれていたりする作品です。





個人的にですが、

最近観たラブストーリーの中で1番よかったです。



相手と自分のあり方も考えさせられました。


中でも好きなシーンが3、4つほどあります



images.jpg


この辺りから涙腺崩壊状態で観賞です(笑)





images (1).jpg


奇抜な自由な自分だけのファッションを楽しむルイザ



小さい頃に買ってもらった思い出の

今はもうどこにも売っていなかったミツバチタイツ。



ウィルが誕生日にサプライズでプレゼントした瞬間は

観ている私までテンションあがって嬉しくなってしまいました。






ダウンロード (1).jpg



そしてこのシーンです!

ここで言うセリフは本当によかったです。


リアルでした。











そしてなんといってももうひとつの見どころは

ルイザのファッションです。


C0lVs_oUQAE9kuD.jpg


357346_002.jpg


20160706_1370176.jpg


(ルイザの表情の豊かさもまた見どころだったりしますね♪笑)





ルイザのキャラクターそのものなファッション。

自由に自分を表現していてとても魅力的でした。



終始、ファッションが可愛くて可愛くて。






12.jpg


先程のミツバチタイツが

最後のシーンに繋がります。


このシーンもとても好きでした。





『ミツバチタイツ履いて どうどうと歩けよ』と。






ウィルの言葉に背中をおされます。












と、ネタばらしもいいとこなのでこの辺にしておきます。。笑




ファッションがお好きな方にもお勧めの映画です♪

気になる方是非♪











では、長くなりましたが、本日もご紹介に入ります!















Ralph Lauren ハイネック切替ロンT
¥4900+TAX





IMG_0976.jpg





MADE IN PERUの 100%COTTON素材の1枚。





XLの大き目なサイジング。





モックネックにリブ。

IMG_0977.jpg


IMG_0980.jpg


ラインの中に胸元にワンポイント。

IMG_0978.jpg




今日みたいなパーカ1枚でも外へ出れる様な暖かい日は

着るスタイリングの想像がふくらみますね♪



春先にラフに1枚で着て出掛けたくなるような一枚です






















80's〜90's PICASSO 総柄テーラードジャケット
¥7900+TAX




IMG_0982.jpg


IMG_0987.jpg




IMG_0988.jpg


個人的に着るなら今でしょと思う1着。




今だからこそ欲しいテイストです。


IMG_0985.jpg


IMG_0983.jpg

こちらはむしろ、まんまゴリゴリに着て欲しかったりします。






パーカやトラックパンツなどと合わせるのはストリートに はめやすく、取り入れやすいです。



IMG_0986.jpg


IMG_0984.jpg

そして80s感の強く出る肩パット入りですが、

ショルダードロップさえさせてしまえば、現代的で着やすくなります













USA Sports サイクリングキャップ
¥2900+TAX












USA Sports サイクリングキャップ
¥2900+TAX














USA Sports サイクリングキャップ
¥2900+TAX






IMG_0979.jpg






お勧めの色物!


個人的に好きなやつです。


ネオンなカラーリングにPOPなロゴが単純に可愛いです。




ブラックがベースなので思っているより被りやすいですよ♪





元はサイクリングCAPです。



普段自転車乗られる方にももちろんおススメですし、


スポーツMIXスタイルにも。



IMG_0981.jpg


良いハズシに使ってください♪

























70's?80's パキジャン ダブルライダースジャケット
¥19900+TAX




IMG_0989.jpg


IMG_0990.jpg




今回ご紹介するのは

ロンジャンでもなく、アメジャンでもない


パキジャンです




当時のPUNKSたちに愛され、そう呼ばれていたパキジャン。









こちらも当時のPUNKSたちが実際に着ていたもので間違いなさそうです




images (2).jpg




作りはルイスなど有名どころであるロンジャンなどに比べて、


雑でテキトーな作り。




IMG_0991.jpg




当時、若気を至っていた若者たちの大半がロンジャンなど買えるお金を持っていたわけもなく。。



そこでパキスタン製であるパキジャンを着ていたのです




当時安く売られていたのでしょうね



Sid-Vicious-119-670x300.jpg



PUNKSたちが着るライダースといえばな、若い頃など洋服やカルチャーが好きな方であれば1度は憧れたであろうあの大量な鋲も


だからこそ 何のためらいなく バシバシ打てたわけですね 






こちらもわずかですが、鋲が残っております。

IMG_0996.jpg


襟元には当時のびっしりと詰まって打たれた鋲、スタッズのあとが残っています


IMG_0991.jpg









そしてもう一つ。

ペイントですよね!


IMG_0992.jpg


 OLD ”


シンプルにカッコいいです







当時のままの状態着てしまうのもロマン感じていいですが





ここから自分でペイントや鋲をやってしまうのも今らしくてありですね!









そして左肩にはパッチが。


IMG_0997.jpg




IMG_0998.jpg

デッド・ケネディーズ


DEAD KENNEDYS_photo448.jpg





アメリカのPUNKバンドのものです。



私はぶっちゃけ知らないバンドなのですが、

ハードコアな音楽に大きく影響をもたらした、


アンダーグラウンドの中でも伝説的存在のバンドのようですね。







ボディは WILSONS LEATHER。










IMG_0999.jpg




そんな本日のエッジの効いた1着。



今の時代にストリートで着るのであれば、

まんまPUNKに合わせてしまうのはナンセンスに思います。






90年代ファッションがもっとも中心にいる今、


PUNKS ファッションもその中の流行のひとつ。






今着るべき旬なものを、どれだけ自分のスタイルに

落とし込めるかも ファッションの楽しみ方のひとつ。




先程の映画の話にも繋がりますが、

トレンドに媚びることなく、自分のものにしてしまえば、

そのスタイリングの深みも増すはずだと思います。







では、本日は以上です




ありがとうございました かわいい


posted by Feeet 店員 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)