2017年05月08日

若のTシャツ日記1112★シースルー★金タグ★デカタグ★

こんにちは わかです






若の第二の父?的存在から  またしても・・・・



P1010026.jpg


この画像でお分かりの方は Feeet通ですね♪


第二の父

sa-thumbnail2.jpg

サブちゃん事 Feeet元スタッフ 北嶋 優策

現在 奈良にて元気にやっております


久しぶりの登場で 皆様 も懐かしく思っていただけましたでしょうか♪








何かあると 色んな物を送って来てくれる そんな故郷の父の様な

そんな サブちゃんから。


P1010028.jpg












P1010024.jpg

P1010029.jpg


はっさく!



久しぶりに食べました!

甘さを出す為 蔵で寝かせてくれたんだとか。。。。






美味しかったです♡♡♡

そんな 懐かしい味に懐かしい顔ぶれ

皆様もGWはそんな事も 多かったのではないでしょうか?








では本日のご紹介。














まずは 夏の定番

そして今期もオススメのアロハ






50's〜60's 花柄シースルーシャツ
¥5900+TAX




P1010031.jpg

P1010032.jpg

P1010034.jpg


P1010033.jpg



本日はシースルーでご紹介です。





透け感のある この生地が何と言っても特徴的






多色を使用しているにも関わらず ごちゃごちゃした感じが出ないのは この生地のお陰かも知れませんね


2015-0618-059-ae4c2-thumbnail2.jpg

以前もMcGREGORでご紹介しましたが 本日はタグが欠損しております





オープンカラーに




OLD物では珍しい シアサッカー生地

Men'sで探すと少ない シースルー

尚且つ OLD という嬉しいポイント





涼し気な1枚です




















80's reyn spooner プルオーバーコットンボタンダウンシャツ
¥5900+TAX



P1010028.jpg

P1010029.jpg

P1010030.jpg

ハワイのビジネスマン御用達といえば、渋い色合いと上質な仕立てが美しい裏地アロハが真っ先に挙げられるかと思います。




この裏地アロハで有名な老舗ブランドが、1956年創業のレイン・スプーナー




裁縫師のRuth Spooner氏と共に開いた、スプーナーズ・ワイキキ・スタンドを前身とし たった1台のミシンで創りあげるアロハウェアの数々は、あっという間に高い評判を得、1959年にはアラモアナセンターに出店しました。


1962年には2人の名前を合わせたレイン・スプーナーとして再出発し、


太平洋のブルックス・ブラザーズと呼ばれるまでになりました


そして、1966年レインスプーナーを代表するあの「アロハシャツ」が誕生します。







白地に枠が白のステッチで縫われ 乳首無し

80年代初期中期の丸枠が黄色い  通称 金タグの1枚




レインスプーナーが1960年代に発売し、当時としては革命的な技法として評され現在では様々なアロハシャツメーカーが取り入れた

リバースプリント



そもそもアロハシャツの歴史の中で、なぜ裏地を表に使うようになったかには諸説ありますが

もともとは派手な色を軽減する為に生み出されたものらしいので、当時(1960年代)アロハシャツは、一般的に派手なイメージが強く誰でも気軽にコーディネイトできるアイテムではなかったのだろうと。。。

と思います


普段何気なく着ているアロハシャツですが、このように生地1つとっても多くのこだわりが詰まっています





裏地プリント用に独自開発した、綿とポリエステル混紡の生地は丈夫で長持ちし、シワになりにくいため、手入れが簡単

青に映える 緑のハイビスカス




プルオーバーの ボタンダウンです




ポケットもしっかり柄合わせです


















70's フォトプリントポリシャツ
¥5900+TAX




お次は 派手な柄がお好みの方へ。




ピクチャー柄の1枚




70’Sらしい大振りのカラー




少々大き目のザックリサイズ





ビキニ姿や  サーファーのくり抜き


夏を感じさせる1枚ですね
















80's Patagonia プルオーバーフード付きナイロンジャケット
¥12900+TAX



P1010038.jpg

P1010039.jpg

P1010040.jpg

P1010035.jpg







1980年代初期〜80年代後半まで白タグと入れ替わって使用された

通称 デカタグ

Rマーク付きの80's後期の1着

日中は夏日の様に暑いものの  朝晩はまだまだ冷えます。。。
もう直ぐ 梅雨 もやってきます!


そんな時に大活躍なアイテム




胸元に栄える デカタグ





珍しく胸ポケも付きます。
こちらベルクロ仕様





勿論カンガルーポケットは

P1010030.jpg

こんな風に。




ほぼ未使用かと思わせるほど、状態は非常に綺麗な1着です




















VINTAGE スウェーデン軍アンダーウェア
¥4900+TAX



P1010025.jpg

P1010026.jpg

P1010027.jpg


ヨーロッパミリタリーならではのデザイン性とユーテリィティさが見事に調和した名品です。

1950年代~1980年代までの長い間、スウェーデン軍で愛用されていた、シンプルかつ機能性のある年中使えるスタンダードなアイテム


ワッフル地となったUSミリタリーのサーマルトップとは違い、肉厚なリブコットン地




文字通りのアンダーシャツ

一般的なアンダーシャツはウール混で、平編みのカットソータイプが殆どですが、リブ織りで、このリブの縦のラインが針抜きの様な。。。。

別格ですね


柔らかなナチュラルカラーは合わせやすさは◎


ややネップがかった生地も魅力的な部分です





ショルダーは フリーダムの様なデザイン




リブは段リブ仕様です





VINTAGE SWEATにもよく用いられている、フラットシームの縫いが雰囲気の良い一着です





〜60'Sの品



P1010024.jpg

今回纏まって入荷致しました

全てDEAD STOCK


1枚でも重ね着でも楽しめる1着です





それでは今日はこの辺で。

おやすみなさい。











NEWS



Feeet「LOSTHILLS FW2017 EXHIBITION SHOW」

来る 2017.5.13(SAT)-14(SAN)

2017 LOSTHILLS FALL&WINTER EXHIBITIONSHOW 


Coming Soon....



posted by Feeet 店員 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)