2017年05月15日

おがの古着絵日記 No.6

こんばんはexclamation

小笠原ですわーい(嬉しい顔)




皆さんは美術館に行ったことがありますか?


名古屋で有名なのは名古屋市美術館と名古屋ボストン美術館ですよね。




私は展覧会やギャラリーを見て回るのが好きなのですが、今とても気になっている美術展があるのです。


それは


六本木、国立新美術館で5/22まで行われている


草間彌生「わが永遠の魂」展です。


slide8.jpg



前衛の女王と呼ばれる草間彌生さん。


現代で最も有名なアーティストと呼んでも過言ではないと思います。




私は「永遠」「無限」というワードがとても好きなので、ぜひ観に行きたいのですが…


東京…遠いです…もうやだ〜(悲しい顔)


名古屋とは言わないのでせめて大阪、京都あたりで開催してくれないかな〜と淡く期待しております…(笑)






美術トークはここまでにして、
紹介をさせて頂きたいと思います。




前回に引き続きスニーカーを…




今回の題目は




「VANS」
image1.jpg




ですexclamation×2




VANSは


1966年にカリフォルニア・アナハイムで、
ジェームス・ヴァン・ドーレン(James Van Doren)氏

兄のポール・ヴァン・ドーレン(Paul Van Doren)氏
と、
友人のゴードン・リー(Gordon Lee)氏
セルジュ・デリーア(Serge Delia)氏


とともに創業したブランドです。


「VANS」には「ヴァンとその仲間達」という意味なんですね。
当時のメンバーの強い結束力が伺えます。


創業66年と、他のメーカーと比べると比較的新しいブランドですが、CONVERSE等に負けず劣らず人気は高いですよねexclamation




今回はその中でも


「AUTHENTIC(オーセンティック)」
image3.jpg




「ERA(エラ)」
image2.jpg

の紹介をさせて頂きます。






オーセンは創業時の66年、エラは77年から発売。


南カルフォルニアのスケーター達の間でVANSが話題になり始めたのが、丁度真ん中の70年頃です。




初めにオーセンのシンプルでどの服装にも合わせ易いデザインがスケーター間で流行り、


後にスケーター用に履き口にパッドが付き、より激しいアクションに対応出来る作りになったエラが生まれました。


では年代ごとの変化を見てみましょう。


image4.png

最初期モデルのヒールパッチには

「VAN」
「VAN DOREN」

の二種類があります。

この二つがどう使い分けられていたのか、
調べてみたのですが、
どこにも言及している文献が無く...あせあせ(飛び散る汗)

どうしても気になり、
VANS JAPAN Officialサイトに
問い合わせてみた所、


「VANS社内でも不明」

との返答を頂きました。
真相は初期メンバーのみが知っているのでしょうか...たらーっ(汗)



ちなみに76年から90年代中期の赤いヒールパッチに書かれた

「OFF THE WALL」


当時有名だったスケートボードチーム

「Z-Boys」

のメンバー、トニー・アルヴァがプールの端から空中に飛び出すトリックを決めた際、
Z-Boysオーナーのスキップ・イングロムが

「お前いま壁を超えたぜ(OFF THE WALL)」

と言った事が由来だそうです。



ソールも初期のものだけ違います。

66年〜70年初期までは
青い平らなソールに波線が入ったスリットソールです。

その後はグリップ力の強いワッフルソールが使われています。




次にサイドのピスネームタグ。

66〜70年初めまではタグは無く、
70年代中期になってから‶青文字‶で

「VANS」

と記載されたタグが付きます

そして70年後期から80年代前期までは
‶青文字‶で

「VANSⓇ」

とレジスターマークが追加されます。

80年代後期になり現行と同じ

‶黒文字‶の「VANSⓇ」

記載になります。




そしてインソール


90年代後期に入り、

「Made in U.S.A.」

の表記が消えるまでインソールはかかと部位に革が張ってあります。

80年代後期のモデルはインソールのプリントが消え
無地の革がはってあるのですが、
84年にVANSは一度経営破綻しているので、
もしかしたら経費削減などが背景にあるのかもしれませんね。

90年代後期にからはCONVERSEのALLSTARの様な柔らかい素材に変わりました。



意外と並べてみるとハッキリ違いが分かりますよねわーい(嬉しい顔)




現在Feeetには80年代USA製のERAがありますぴかぴか(新しい)


70726f647563742f32303136303832395f6431386162372e6a7067003630300000660066.jpg

80's VANS ERA
¥25,900+TAX


ERAの特徴は多彩なカラー展開なのですが、
この一品も絶妙な配色で構成されていますよね。

イラストで表現させて頂きましたが、
描いている際に惚れ惚れとしました揺れるハート



調べていて強く感じたのですが、
60〜80年代VANSスニーカーはどこもかなり球数が少なくなってきている様ですねひらめき

残っているうちに是非...るんるん




今回はこれで失礼させていただきます。
ここまで読んでくださってありがとうございましたexclamation
posted by Feeet 店員 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)