2018年05月05日

PICK UP STUFF!!★MASLAND★Eddie Bauer★CONVERSE★L.L.BEAN★ギザタグ★






50's MASLAND フィッシングベスト

¥29,900+TAX


P1011794.jpg
P1011795.jpg
P1011798.jpg

独自のデザインと哲学に基づいて様々なハンティングウェアを生産した「C.H.マスランド社」。
1940年代から60年代には高品質なフライトジャケットやフィールドジャケットを生産する
ミリタリーコントラクターとしても有名で、アウトドアで培ったノウハウを生かし、多くの傑作を作り出していました。
他のブランドには見かけない奇抜的なアイテムが多いMASLAND。
マスランドならではのユーティリティーベスト。
こちらクリークベストです。
50年代頃の1品ですが、被りのプルオーバータイプと斬新な1品。
本来右胸部分には毛バリを掛ける綿が付きますが、綺麗に外されています。
中央と左肩部に配されたループはフィッシングロッドを仮固定するための物。
アイレットは革紐を通し、ラインカッター等を掛けておくことが可能です。
バックには大型のマップポケットが付きます。
右脇にジップが付いてるので脱着も楽です。
ZIPはコの字のエンドのTALON。
何と言っても特徴的なフロントポケット。
フィッシングならではの当時は実用的に考えられて付けられていますが、今ファッション目線で見ても魅力的な部分です。
















60's〜70's Eddie Bauer ツートーンハンティングジャケット

¥25,900+TAX


P1011801.jpg
P1011802.jpg
P1011806.jpg
P1011807.jpg

アメリカで初めてダウンを用いたジャケットを作ったことで知られるEDDIE BAUER(エディバウアー)。1920年アメリカシアトルにてその歴史は始まります。
アメリカでのポピュラーなアウター、ダウンジャケットと言えば必ず返ってくるブランド。
そんな知名度の高い理由は1936年にダウンを用いたダウンパーカを発表したことが理由で、それをきっかけに爆発的に知名度を上げたと言われています。以降カラコラムやスカイライナー等様々な名品を生み出していきます。
そんなエディバウアー
EXPEDITION OUTFITTER ,SEATLE USA表記の入る60年代後期〜の黒タグ前期の1着。
こちらCOTTONとナイロンの切替。
更にはコーデュロイ切替の3TONE仕様の1着。
フロントのV字に入る切替部分にはポケットを完備しており、まるでムーンポケットの様なデザイン。
脇にはアクションプリーツに、ポケット内にも弾ポケット付き。
バックは大型のゲームポケット付きです。
中々見かけないデザインです。
174pスギでJUST SIZEです。














80's CONVERSE ALLSTAR キリン柄

¥29,900+TAX


P1011810.jpg
P1011812.jpg
P1011813.jpg


1908年にマサチューセッツ州でマーキス・M・コンバース氏が創業した「THE CONVERS RUBBER SHOE COMPANY」が始まりです。 初めは主にラバーブーツの製造をする会社でした。 19世紀から20世紀になり数年テニス・バスケなどの爆発的流行により、それまで手袋や長靴の製造が主流だったゴム産業がスポーツシューズの需要に目を付けます。 コンバース氏もその例に漏れず、それまでのゴム製品製造で培ってきたバルカナイズド製法でスニーカーを製造しました。 そして1917年に「ALL STAR」が開発されます。
こちらコンバースのオールスタージラフパターン。1987年発売、蓄光プリントを施したアニマル柄シリーズ「GLOW IN DARK」。
Glow in the Darkシリーズ のキリンです。
キャンバス表面に白い蛍光塗料が使われ、このシリーズは、何度も洗濯を繰り返すと表面の塗料が落ちてきて、すごく雰囲気がよくなります。
ヒールパッチは青文字青枠の80年代の1足。 当て布・サイドステッチも健在。
ヒール部分は同素材になりますので、80年代後半の1足。
コンバースのアメリカでの生産は、2001年に終了しアメリカの工場は閉鎖されたため、今では希少な1足。
ソールの擦れも少なく、まだまだ着用出来る1足です。














L.L.BEAN "BOAT AND TOTE" ロングハンドルトートバッグ

¥3,900+TAX



P1011801.jpg
P1011803.jpg
P1011808.jpg

1912年メイン州フリーポートにて始まった「L.L.Bean(エルエルビーン)」。創業者はレオン・レオンウッドビーンにより創立され、アウトドア用品をメインに販売されていますLLBAENの大定番。
L.L.Beanのトートバッグ 正式名称は"Boat and Tote Bag"
1944年に、氷の塊を運ぶために作られた丈夫なキャンバストート「ビーンズ・アイス・キャリアー」がL.L.Beanトートバッグの原点。
重い氷を運ぶのに適した頑丈な作りとシンプルなデザインが、長年愛され続ける理由です。
現在も変わらずメイン州の自社工場で生産されているロングセラー・アイテム。
こちらショッピングや普段使いを考え進化した、肩掛け出来るロングハンドル。
FREEPORT MAINE表記が消え、MADE IN USAが入る、90’S〜の現行タグの1品。
栄えるエメラルドグリーンのカラー。
キャンバス地の丈夫でいてシンプルな、どんなスタイルにも合わせやすいデザイン。名作です。













80's L.L.BEAN "BOAT AND TOTE" トートバッグ

¥9,900+TAX



P1011794.jpg
P1011796.jpg
P1011800.jpg

アイス・キャリー・バッグとして最初に発売されてから65年以上の間、現在も変わらずメイン州の自社工場で生産されているロングセラー・アイテム。L.L.Beanのトートバッグ(正式名称は"Boat and Tote Bag")。
古い年代ならではの、ハンドルの間隔と持ち手の長さ。
古いヤツほどハンドル間が狭くて、持ち手が短いです。
こちら、生地の端に入った縫製ガイド用の青いサイドガイドライン入り。
今のでも、ハンドルの固定位置にラインがありますが、それがバッグのサイドにあたる、生地の耳部分にも入っています。
ラインの数も、1本から2本とある時期を境に増えているようです。
そして、こちらはハンドルの裏側にラインが入ったバージョン。
現行の単一色ではなくパープル文字でのBoat&toteの文字入り、2TONEタグの通称ギザタグの1品。
80年代の1品。
カラーは深みのある緑。
ボトムに少々擦れはございますが、キャンバス地もしっかりとした綺麗な1品です。
OLDならではのこのフェードしたカラーも魅力的な部分です。

posted by Feeet 店員 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)