2018年06月16日

PICK UP STUFF!!M.C.エッシャー★Banksy★Pablo Picasso★アンリマティス★モネ★







90's M.C. Escher USA製 騙し絵スカルTシャツ

¥12,900+TAX


P1010078.jpg

P1010079.jpg

P1010081.jpg


オランダ出身の版画家、M.C.エッシャー。
建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品、“視覚の魔術師”とも称されるマウリッツ・コルネリス・エッシャーは、『トロンプ・ルイユ(騙し絵)』の画家としては世界一の知名度を持つアーティストです。
エッシャー初期の作品、1917年に描かれたSmoking warning
トップハットに喫煙の頭蓋骨画像。
見かける事の少ない作品です。
コピーライトは C/O Cordon Art-Baarn-Holland
オランダの画家だけに、オランダの美術館のお土産品の1枚です。 
ボディーはANDAZIA。100%COTTONの90年代の1枚。













Banksy 風刺画Tシャツ

¥7,900+TAX



P1010087.jpg

P1010088.jpg

P1010090.jpg

P1010091.jpg



イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取るBanksy
バンクシーは自身のプロフィールを一切公表しておらず、その正体は謎につつまれていましたが、先日マッシヴ・アタック(Massive Attack)のメンバーである3Dことロバート・デル・ナジャ(Robert Del Naja)がグラフィティーアーティスト・バンクシーの正体であるとの説。
その バンクシーの代表作のひとつ 「FLOWER BOMBER」 をデザインしたTシャツ
暴徒の手には・・・なんと美しい花束が。相手に対して投げるものが変わるだけで、状況がガラリと変わります。












90's ピカソ USA製 絵画スウェット

¥7,900+TAX



P1010077.jpg

P1010074.jpg

P1010075.jpg

P1010076.jpg


スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られ、生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている

Pablo Picasso

ピカソの本名はPablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno María de los Remedios Cipriano de la Santísima Trinidad Ruiz y Picasso

長い名前の例としてよく引き合いに出されますが、これは自分の顧客様を増やす為に、スポンサーの名前を自分の名に加えていったからなんです。
流石ですね。
こちら1955年のDon Quixote and Sancho Panza
キュビズムの時代の画風と大きく異なり、白い背景と対比して太い線で走り書きのように描かれているドンキホーテ。
肉厚なSWEATは、真っ白な1着。
95年の1枚です。














90's アンリ・マティス 絵画Tシャツ

¥4,900+TAX



P1010083.jpg

P1010084.jpg

P1010085.jpg

P1010086.jpg

フランスの画家 アンリマティス。
フォーヴィスムのリーダー的存在であり、野獣派の活動が短期間で終わった後も20世紀を代表する芸術家の一人として活動を続け、自然をこよなく愛し「色彩の魔術師」と謳われ、緑あふれる世界を描き続けた画家
そのマティスのJAZZシリーズの1枚。
このジャズ、切り紙絵を原画とする20点の挿絵と自筆のテキストを収めたマティスの挿絵本の集大成です。
挿絵のテーマはサーカスと劇場に関わるもの、珊瑚礁、またハート型や単純化されたトルソといった抽象的な題材に分けられます。出版者テリアードに依頼された当初、マティスはサーカスを主題にした版画集を構想しましたが、完成までのあいだにタイトルはジャズに変更されました。
色彩の魔術師とだけあり、POPな1着です。












クロードモネ "睡蓮" 絵画トートバッグ

¥4,900+TAX




P1010092.jpg

P1010093.jpg

P1010094.jpg




印象派を代表するフランスの画家クロード・モネ
画業の集大成となる、睡蓮です。

モネは1899年から睡蓮を描いていますが、現在、オランジュリー美術館の「睡蓮の間」に展示されている最晩年の「睡蓮」大装飾画にいたるまで、「睡蓮」を主題とした作品は約200点残されています。
こちらは1906年に描かれた、睡蓮。

モネは、最初睡蓮の池と日本風の橋の風景を空間として捉えた作品を描いていますが、彼の興味は、次第に睡蓮の浮かぶ水面に向けられていきます。
同じモティーフを描くことで、季節や時間とともに変化する光の効果を捉えようとしました。
そんな睡蓮を全面にあしらったトートBAG。

全く違いますが、岐阜県関市にある通称モネの池。
本当にモネで・・絵画に興味が無くても感動しますので、是非お時間があれば行ってみてください。

上部にはZIP付。
ライナーには薄手のナイロンが張られています。
表面は硬さのあるポリ素材。台湾製の90年代の1品です。


posted by Feeet 店員 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)