2018年07月05日

PICK UP STUFF!!★エニシング 〜aNYthing〜★666 SEDITIONARIES★






ANYTHING プリントT

¥7,900+TAX




IMG_5532s-.jpg

IMG_5534s-.jpg

IMG_5529s-.jpg


ニューヨークのアンダーグランドシーンを代表するエーロン・ボンダロフ(Aaron Bondaroff)率いる「エニシング(aNYthing)」。
2002年ブランド設立。

ブランド名の「aNYthing」の文字でNYが大文字になっているのは、ニューヨークを強調しているため。いまやニューヨークを代表するストリートブランドとなっている。

エーロンは、かつて〈STUSSY(ステューシー)〉や〈Supreme(シュプリーム)〉といったブランドで働き、その後は自身のブランドである、今回紹介のアイテム、「エニシング(aNYthing)」を設立。
様々なプロデュース業に携わりながら『Moran Bondaroff』の前身であるアートギャラリー『OHWOW』も立ち上げ、その後スタートさせた「KNOW WAVE」(ノーウェーブ:当店でも取り扱い有り)を通してインターネットラジオブームの火付け役としてシーンを牽引。
そのカリスマ性から、絶大な支持を得ており、昨今のストリートシーンを語る上で避けては通れない最重要人物の1人としてその名を世界各地に響き渡らせてきた。
















666 SEDITIONARIES プリントTシャツ

¥6,900+TAX






IMG_5536s-.jpg









666 SEDITIONARIES プリントデザインロンT

¥8,900+TAX











666 SEDITIONARIES プリントデザインロンT

¥8,900+TAX






IMG_5539s-.jpg

IMG_5541s-.jpg


IMG_5542s-.jpg









666 SEDITIONARIES プリントデザインロンT

¥8,900+TAX






90年代の666、セディショナリーズの1枚です。
イギリスのキングスロード430番地で『セックス』『セディショナリーズ』などしばしば名前を変えたマルコム・マクラレンとヴィヴィアン・ウェストウッドのブティック(ワールズエンド)は、
新しいカウンターカルチャーであるパンクを生み出し、1976年〜1979年当時、パンクな若者達の溜まり場でありました。

当時、マルコムのセディショナリーズの上顧客であったセックス・ピストルズのメンバーたちが着用したことで、人々を挑発し、ロックン・ロールの歴史に1ページを刻みつけた程に、
セディショナリーズはパンクファッションカルチャーにとって多大な影響力を与えた代名詞的存在であるブランドで、
世界的にも愛されている、ディズニーなどのキャラクターを無許可に使い皮肉的、冷笑的な表現や、タブーであろう物を多く発表しています。

今やヴィヴィアンとマルコムの名前の記されたオリジナルのセディショナリーズの服は、オークションに出されるなど、コレクターの間で高値で取り引きされていたりします。
このコレクションは、666がヴィンテージセディショナリーズをもとに生地やディテールまで忠実に再現した復刻したレプリカ品であります。
オリジナルが大変稀少なだけに、レプリカも多いブランドですが、666やストアロボットは最も忠実に再現したレプリカブランドかと思います。

パンクブランドですので、ピタッとしたサイズ感になります。

もちろんそのままパンクスファッションに着用するのもカッコいいですが、今回のスタイリングは、
パンクスファッションのままにピタピタに着るのではなく、今らしく着こなしように、ストリートなスタイルに落とし込んでMIXスタイルに着用しました。





posted by Feeet 店員 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)