2016年04月23日

若のTシャツ日記965

こんばんは わかです


今日は昨日もご紹介の様に こちらから。

Feeet「Urban Real Clothes」2016

昨日もご紹介の様に 今着たいリアリティーのあるアイテム
URBAN REAL CLOTHES


概念を通り越したリアルで、都会的なSTYLE



言葉で説明すると少々 分かり難いですよね


IMG_4436.jpg

IMG_3877.jpg

IMG_3698.jpg

IMG_3500.jpg

IMG_6422.jpg

IMG_9724.jpg

IMG_7901.jpg






こんな時に 着れるアイテム
皆様にも共感していただければと思います










IMG_8003.jpg



Barbarian ラガーパーカ
¥7900+TAX



50's コットンネルベースボールシャツ
¥12900+TAX



40's フランス軍 リネンセーラーショーツ DEADSTOCK
¥12900+TAX



バックパック
¥9900+TAX






2015-0423-132.jpg

Barbarian ラガーパーカ


BARBARIAN

ラガーシャツといえばこのブランド


2015-0423-138.jpg

創始者のビル・ハートル氏は既存のラグビーシャツに疑問を持ち、その一つ一つを分解してデザイン、 カッティング、縫製、付属品、生地の質、強度など、あらゆる角度から細部にわったて研究した上で、オリジナルの生産を開始。

肉厚ボディーからなる丈夫さ、さらに着るほどに増す風合いの良さはプレイヤーだけでなく、タウンユースにも非常に高い支持を得ているアイテムです。


2015-0423-133.jpg

本日は HOODED RUGBY SHIRT


ギャルソンも展開していたフード付きラガーシャツ

2015-0423-135.jpg

FIELD HOCKEY というのも Urban Real Clothes らしいかと









2016-0416-031.jpg


50's コットンネルベースボールシャツ



1枚でも良いのですが 本日は ベースボールと合わせて。

2016-0416-038.jpg

先日ご紹介した Empireの1枚


2016-0416-030.jpg

ネル地ですので、サラリと。

バックビューも洗練されてます











40's フランス軍 リネンセーラーショーツ DEADSTOCK



パンツは フレンチネイビー
第二次世界大戦時、連合国側として枢軸国相手に参戦したフランス軍。

戦いが繰り広げられたその戦地で、海軍兵に使われていたショーツになります




粗いシャリ感のあるリネン素材



リネン地という素材、清涼感のあるシャンブレーのような、ライトブルーの色味も相まってリラックスした感覚で穿く事の出来る1本。



ボタンフライとジッパーフライの2種類存在しますが、コチラは前期となるボタンフライ



ウエストは詰めてありますが 



紙タグも残る未使用の NOS










バックパック



Urban Real Clothes らしく BAGはこちら。
当店でもアノラックなどでもお馴染み Rugged Terrain






洗礼された 青



SIDEポケット付きと リアルクローズな1品






















IMG_9193.jpg


80's BROOKS BROTHERS BDシャツ
¥7900+TAX



80's Eddie Bauer チェック柄コットンジャケット
¥9900+TAX



40's フランス軍 リネンセーラーショーツ DEADSTOCK
¥12900+TAX




VANS CHUKKA PEACOAT LX
¥7900+TAX



そして もう1STYLE


先程のフレンチネイビーに 今度は少々綺麗目に






2015-0420-131.jpg

80's BROOKS BROTHERS BDシャツ


OLD BROOKS BROTHERS


2015-0420-137.jpg

ブルックスブラザーズでは、かつてグレードにより「Own Make」「346」「BROOKSGATE」の三つのブランドがありました。

c0214126_1414918.jpg

BROOKSGATE」(ブルックスゲイト)は、20代から30代前半のヤング・エグゼクティブをねらったモデルであり、スーツ、ブレザージャケット、スラックス他、トータル・コーディネイトを提案する商品構成でした。

「BROOKSGATE」の「GATE」は、「会社への入口」を示唆する名称で、同時にBrooks Brothersの世界への「入り口」という意味合いもあったようです。


高級ラインながらも 登竜門的な存在だったのでしょう









80's Eddie Bauer チェック柄コットンジャケット



BDのBROOKS BROTHERS に合わせ  チョッピリスパイス



皆さんご存知 Eddie Bauer

黒タグの付く 70’Sの1枚



本日はカバーオールタイプ




カラーとカフスはコーデュロイの切替



薄手のCOTTON地に フェードしたチェックがまた良いですね










IMG_7252-fa9e9-thumbnail2.jpg



Patagonia アノラックパーカ
¥7900+TAX



50s イギリス グルカパンツ
¥19900+TAX












Patagonia アノラックパーカ


90年代の隠れた名作パタゴニアALTER ICE ANORAK

今や廃盤モデルで OLD Patagoni好きの方はお好きな方も多いのでは



F5 の95年の1枚



特徴的な深めのフロントZIPで脱着もしやすく




大きめのフロントポケット



柔らかい デニールナイロン

多目的デザインの1着






2016-0224-021.jpg


50s イギリス グルカパンツ


イギリス軍の名作 グルカパンツです。

これまでもグルカについては幾度となく説明してきましたが、インド山岳民族のグルカ兵が穿いていたパンツに由来するアイテムです。


現代におけるそのファッション性の高さから、各ブランドもこぞってサンプリングする不朽の名作。


2016-0224-029.jpg

1957のスタンプ。

タグ下部にはブロードアローもスタンプされます。










そして最後は 昨日もご紹介の様に




FROM THE GARRET ""LOAF" SLIP-ON"
¥23000+TAX


古着市場で高価で幻とされる某メーカーのローファーをモディファイした今作。


皆さんご存知


ワンスター

シャフトの高さを忠実に再現し、アッパーには日本では入手困難なニベ革を使用





余り聞きなれない ニベ革

革製品全般は一番表面の革を使って加工して作るのですが、ニベ革は一番内側の革を使って作ります。

牛の皮は厚い為 スライスをします

そのスライスをしていった一番内側の皮。皮と脂肪や肉が接していた部分 筋肉に一番近いそんな一番柔らかい部分を使っているんです。

革製品は強度がどうしても必要になるもの
それがこの革はなかなか出せないのです

その為 強度と風合いを両立させるためにいろいろな加工方法(例えばこの革は古来からのなめし方法である植物タンニン鞣しを採用しています)を施し出来たのが こちらの品





BLACK




BROWN




WHITE

の3COLOR





独特の荒々しい起毛感の革質を楽しんでいただければと思います。













FAR EASTERN ENTHUSIAST ""WINDJAMMER" SNEAKERS"
¥28000+TAX


そして"F.E.E" WINDJAMMER SNEAKERS 




数種類のヴィンテージスニーカーを元に製作、オリジナルではお目にかかれないデザインをエフイーにより落とし込まれています。




レザーには、本来スニーカーではあまり使われないディアスキン(鹿革)の銀面を削った革を採用し、荒々しい雰囲気としなやかさが楽しめます。




オリジナルヒールパッチに長方形の棒市



インソールのプリントに至るまで拘りが半端なく、ブランド側のスニーカーに対する熱い思いが感じられます。




BLACK




KHAKI

のこちらは 2COLORです
















Feeet 10th anniversary「FREE SHIPPING」2016

4/22(金)22:00〜5/8(日)23:59の期間、Feeet10周年を記念して、

合計10,000円(税込)以上のご購入で送料・ 代引手数料無料

是非この機会にご利用いただければと思います。






それでは 皆様 明日もUreban Real Clothes お楽しみに。

おやすみなさい。








独立支援

Feeet WEB SHOP

Feeet/Feeet
2nd/Lala

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)
posted by Feeet 店員 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175019655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)