2017年04月29日

店長スギの新入荷情報 ★M-65 Mitchell Pattern★

こんにちはわーい(嬉しい顔)手(パー)スギです。



本日よりGWひらめき
今日もOPENから沢山の方のご来店、誠にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
ただ、お昼過ぎの雨には、散々な目に合われた方も少なくなかったのではないでしょうかふらふら


お客様の中には9連休!?という方もいらっしゃいましたが


'’案外、やる事ないんですよ〜ふらふら'’

'’どこかオススメのところないですかぁ〜?'’

と、今日も複数の方が嘆いていらっしゃいましたので
意外と知られていない、オススメスポットを一つるんるん





tonarino.jpg

'’tonarino(トナリノ)''

ご存知でしょうかexclamation&question

私は自宅付近ということもあり、時折にウォーキングコースとして歩いていたので

工事中からチェックしていましたるんるん


そして

一昨日、4月27日にOPENしましたexclamation×2

meijokouen-new1.jpg

『名城コミュニティサポートパーク』をコンセプトに、緑に囲まれた環境の中で、健康増進のためのカフェ/レストラン、スポーツサービス施設が入居する複合施設を展開。
中でも注目すべきはランナー向けの施設で、ランニングステーションやサイクルステーションを設け、シャワー室やロッカールームなどが設置されます。

特に、なにかアトラクション的な物がある、というわけではありませんし
地元が名古屋と言う方は、いまさら名城公園かぁという感覚の方も多いかもしれませんが

行ってみると案外よかったね!と思ってもらえる、歴史と自然を満喫できる場所ですわーい(嬉しい顔)


個人的には、オープンエアーのテラス席ではバーベキューも楽しめる[GARB CASTELLO」は
ご家族・友人で'’食'’を楽しんでもらえるスポットとして注目しています目

気になった方は是非、行ってみて下さいねかわいい







さて、本日は

11時OPENにあわせて、WEB SHOPでもたくさんご紹介させていただいたフレッシュなアイテムの中からご紹介ですぴかぴか(新しい)























〜80's 東ドイツ軍 スモックパーカ
¥9900+TAX


フロントネックのレースアップ仕様

ウエストのゴム絞り

40年代のナチス迷彩スモックの仕様を感じさせる こちらは
60〜70年代頃のEAST GERMAN ARMY SMOCK

ウィンドプルーフとしてもユーティリティに活用されていたスモックは
史上でもARMY山岳、NAVAL DECK CREWなど多くのシーンでの活躍が残されています。





















織りタグに サイズ[52]と マニュファクチャーらしき文字も確認出来ます。
1975のスタンプからもその頃の会計度分で判断しています。







薄手ではあるものの、度詰まりの高密で織られたコットン地は
独特なザラツキと張りが混在しています。


















風の浸入を防ぐ、袖インサイド
ウエストの絞りでより機能性を高めます。




本日は、汚れなどが目立った個体を軍が後染めしたと推測される











〜80's 東ドイツ軍 後染めスモックパーカ
¥9900+TAX


BLKもご用意させていただきました。





どちらもやはり特筆すべきはひらめき














この首周りのボタン留め
レースアップ仕様の為、余ったレースなどをしっかりとカバーし
瞬時に、スッキリとした首周りに変化させてくれます。



P1010001.jpg

P1010002.jpg


P1010003.jpg


オリジナルはグレーとブルーが混ざり合った色合い



P1010007.jpg

P1010008.jpg

P1010009.jpg

P1010011.jpg

P1010014.jpg


BLKはウエストゴムが伸び
比較的サイズもゆったりとしたアノラックスタイル

ウエストのゴムに関しては、ステッチを少し外し、中のゴムを切ることで
BLKのようなゆったりしたシルエットにすることも可能ですので、ご要望がありましたらお申し付けください。







続いては


その存在はご存知でも
実物は見た事が無いという方も多いのではないでしょうかexclamation&question


















60's〜70's US ミッチェルパターン M-65 フィールドジャケット
¥178000+TAX


まずはこの迷彩について、少しご説明させてください。
名称は MITCHELL pattern(ミッチェルパターン)

本来の使用としては、USMCのヘルメットカバーやテント地として使用されていました。
ヘルメットカバーとしては1956年より採用されています。
それまで使用されていた'’ダックハンターカモ'’が、元々鴨猟用という点、さらに誤射事件も相まって使用が廃止された後に引き継いだのがこのミッチェルパターンとなります。





ダックハンター同様、両面での使用が可能なジャングル&デザート仕様となっています。
(本製品はリバーシブルでの着用は不可です)
その後、ベトナム戦中もODやメッシュ等と共にヘルメットカバーとして使用されていたミッチェルパターン。
さらにその詳細を調べていくと、もともとはERDL迷彩(グリーンリーフ)として最初は採用されたようですが、すぐに反対の意見過多で廃棄となったという資料もありました。

ベトナム戦同時期、この余ったミッチェルパターン地を使用し、ジャケットやシャツ、パンツなどが作られたという歴史がございます。

さらに細分化していくと
軍規格でその製造にあたったものと、ローカルの工場で製造されたもの、サープラスを民間メーカーがハンティング等の用途で製造したものと、分かれていきます。


改めて

本日の一枚を見ていただくと







その姿はご存知

M-65 JK


この65-ミッチェルの場合
軍規格の物でほぼ間違いないと言われています。
理由は諸説ありますが、生地の確保、採算という点が大きいと思います。
さらに、タグ、そしてM-43の流用と思われるインナーフードからも軍規格に多いとディーラーより指南をいただきました。










Feeetでもこれまで
民間メイド、ローカルメイドの入荷はございました。

改めて、型、生地などを見ていくと




2015-1012-076.jpg



2016-1005-069.jpg

ローカルメイド



どのミッチェルもそれぞれの良さはあるのですが








ポプリン地特有のテカり、生地のきめ細やかさ
また本日の一枚は色の褪せという点においても、しっかりと色合いを残す良い個体です。



もう一点、このミッチェルパターンの価値を上げた要因として

上述の通り、余った生地によって作られたという説と

'’テストサンプル'’として作られたものではないかという説

これにより、より製造数は限られ稀少性は増します。


故に冒頭で書かせていただいた様に、その存在は聞き及んでいても
実物を目に、そして手に取っていただける方が少なくなるのはある意味、当然なのです。





私も初の着用をさせていただきました。




P1010018.jpg


P1010019.jpg


P1010026.jpg


P1010021.jpg



着用感から Small-Short
私(174p 66kg)はもちろん、もう一回り小柄な男性にも適したサイズです。
私よりも身長があっても細身の方であれば、十分に対応できます。

まだまだ今後も出てきます!という気持ちとは裏腹に
現実的に本当に次はないんだろうなぁとしみじみな一枚です。笑


是非、この機会に実物に触れてみて下さいねexclamation×2
弊社スタッフにて全力でご説明をさせていただきたいと思いますわーい(嬉しい顔)手(グー)





本日は以上になりますexclamation
今日もブログのチェックありがとうございます。
明日は天気も回復して、暑くなる予報です晴れ皆様のお越しお待ちしております。

それではわーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by Feeet 店員 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179591093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)