2017年06月24日

おがの古着絵日記 No.11 〜adidas タグの変遷〜

こんにちは
exclamation
小笠原ですわーい(嬉しい顔)






さっそくですが
今回紹介するのは……


前回に引き続きスポーツブランド


「adidas 〜タグの変遷〜」


ですexclamation×2


少し長くなるのでいつもの前置きはありませんあせあせ(飛び散る汗)




1948年にダスラー兄弟の弟、
アドルフ氏が設立したadidas。


兄のルドルフが設立したのがPUMAであり、
両者の仲がとても悪かった事は有名な話ですよね。




後継の息子たち以降もしばらく不仲が続いたadidasとPUMA。


そこには2クールのドラマが作れそうな程の濃い歴史があるのですが、
今回は割愛させて頂きますダッシュ(走り出すさま)


詳しく纏めているサイトも幾つかあるので、
気になる人は調べてみるのを推奨しまするんるん






今回はそんなadidasのタグにスポットを当ててみました。


古着の勉強をするまで私はてっきりadidasはアメリカのブランドだと思っていたのですが、
ダスラー兄弟の名前から分かる通り、
ドイツ発のブランドなんですよねひらめき




代名詞とも言えるあの三本線、
元は革靴が伸びてしまうのを防ぐ為の補強バンドだったのですが、
正確にはadidasのオリジナルでは無く、
1951年にフィンランドのスポーツブランドKARHUから
約1600ユーロ(現在の日本円でおよそ20万)とウィスキー2本で登録商標の権利を譲り受けたモノなのだそうです。


adidasが三本の補強バンドを使用し始めたのは創業の一年後である49年からなので、
その以前にKARHUが偶然にも三本線を商標登録していた。
という事でしょうか。


補強の為だけでなく自社のロゴとして使いたかったadidasがKARHUに譲渡を持ち掛けたのでしょう。


譲渡された時の詳細は分からなかった為、
あくまで想像ですが
ガハハと酔っ払いながら取引する姿が脳裏に浮かびました。
ウィスキー2本…その場で空けてしまっていそうですよね(笑)






そんなadidasのタグとロゴは年代によってデザインがよく変わります。


製造国もドイツ、チュニジア、フランス、USA、イングランド、オーストラリア…と
非常に様々であり、
国別にもデザインは少し違います。




いつも「全て網羅してやるexclamation
くらいの勢いでブログを書いているのですが、
今回はちょっとザックリとした紹介です…たらーっ(汗)




では今回のまとめイラストをどうぞ
(クリックすると大きな画像が見れますexclamation)
image1.png





個人的に悩んだのが


「ventex」「KEYROLAN」


の2つの表記についてあせあせ(飛び散る汗)




ventexはフランスの化学繊維の開発・製造会社です。




60年代後期にadidasが買収し、

おおよそ1960年代〜80年代まで

adidasのスポーツウェアを製造していました。

該当年のタグにはventexと表記されています。


そこまでは判ったのですが、
KEYROLANについては調べても明確な情報が中々出ず…たらーっ(汗)




私が見た中だとKEYRORANとは


・adidasの開発した素材名説


・素材を提供した企業名説


の2説が存在しており、
私的にはventexと同じく企業名ではないかな…?
と思っております。




ventexは60〜80sのタグに表記されますが、
一方KEYROLANはというとUSA製の後期ATPタグからの登場です。



そもそも、
ATPとは"Association of Tennis Professionals"の略であり、
男子プロテニス協会を意味します。

そしてWTA "Women's Tennis Association"は
女子プロテニス協会を指します。

ATPタグのデザインは大きく別けて3つあり、
私は古いものから


60s 青タグATP(青地に白字で表記されているもの)

60s〜70s プレイヤータグATP(タグにテニスプレイヤーの絵が描いてあるもの)

80s バータグATP(Chmpionのバータグに似てるので勝手にそう呼んでいます)


の順番であると推測しました。




この推測の根拠は


青タグからプレイヤータグまでは継続してventex表記であり、
加えてUSA製が無いこと。
(探せばあるかも知れませんが、おそらく素材表記が後年のモノなので移行期に作られたモノです)


そして


バータグATP"から"USA製が登場する事です。


日本のWebサイトでは情報が見つからず、
海外サイトを巡ってやっと見つけたのですが、
「adidasは79年にアメリカ、カリフォルニアに工場を設立」しているのです。


つまり


『USA製=79年以降に製造されたアイテム』


という事になりますひらめき


なのでバータグATPは80sであり、
三種類の中で最後のタイプだと推測できますぴかぴか(新しい)

余談ですがKEYROLAN表記のタグはUSA製がほとんどなので、
アメリカの企業である可能性が高い...かもしれませんね。





今回はATP(世界男子プロテニス協会)についての情報を1番掘り下げて紹介しましたが、
WTA(女子プロテニス協会)記載のアイテムも、もちろん存在します。

ちなみにWTAはATPより2年早い70年にアメリカで設立されました。

タグのデザインはATPとほとんど変わらず、
表記がそのままATPからWTPになっているか、
テニスラケットが円状に並んだロゴになっている(小さくWTAと書いてあります)程度なので
年代の見方はATPタグとほぼ同じで問題無いと思います。




現在のFeeetには


2.jpg

80's adidas ATP トラックパンツ
¥7,900+TAX



3.jpg

80's adidas トラックパンツ
¥5,900+TAX




4.jpg

70's〜80's adidas プリントTシャツ
¥3,900+TAX





5.jpg

70's adidas 地球儀ロゴジャージ
¥29,900+TAX




6.jpg

80's フランス製 adidas フード付きトラックジャケット
¥15,900+TAX




7.jpg

70's adidas A JABBAR HI 箱付き
¥15,900+TAX





等々、
VINTAGE「adidas」が揃っておりますexclamationぴかぴか(新しい)




本日のおが日記はここまでですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたexclamation

posted by Feeet 店員 at 21:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ご質問いいですか?
アディダスジャージADS- 4Fなんですけど、このモデルってメンズ、レディースと別れてますか?
それとも男女兼用なのですか?
サイズ表記が1〜7しか書いてなく、見分けがつかないので
Posted by カワウソ at 2018年06月17日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180143333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)