2018年05月13日

PICK UP STUFF!!★MARITHE FRANCOIS GIRBAUD★デザインデニムパンツ★ BLIND MELON★INDIGO GIRLS★★INDIGO GIRLS★★LENNY KRAVITZ★







90's BLIND MELON バンドTシャツ

¥7,900+TAX




IMG_4199.jpg


IMG_4202.jpg


IMG_4203.jpg



少年のような瑞々しい歌い方で、優しさや暖かさ、悲しさや幸せを歌う…
そんな表現が得意なバンド
【BLIND MELON】のナイスなグラフィックの一枚!

個人的に、彼らをジャンルで表すのが難しく、ロックでもなければ、カントリーミュージックでもない
多くの要素を携えながらも、それをまとめるのがボーカルのシャノン・フーンの歌声。
ハードロックにしては繊細すぎて、カントリーにしては刺激的すぎて
当時出したアルバムの中でも、アルバムの中に多くのジャンルの音楽が取り込まれ
一つのバンドを聞いているはずなのに幾つもの違うバンドを聞いている様な感覚に陥ります。
特に有名なのはファーストアルバム【BLIND MELON】に入っているミツバチ少女の出てくるPVの「No Rain」
こちらも、BLIND MELONを聴く上では重要なピースですが、同アルバムに入る「Soak the Sin」などは
特に彼らの影響を受けた音楽要素がふんだんに取り込まれながらも、BLIND MELONならではの表現方法で上手くまとまっているんです。

是非、音楽も聴いていただいて、こちらのTシャツのプリントを見ていただければ
その世界観にリンクした独特の存在感のグラフィックにも納得していただけると思います◎

ボディにはブロッカムが使用され、まるでポリ混の様なさらっとしたコットン地は
良いヤレ感を出しており、フロントの割れ感の強いプリントもサイコーにCOOLです!










80's INDIGO GIRLS USA製 プリントTシャツ

¥9,900+TAX




IMG_4205.jpg



IMG_4208.jpg


IMG_4209.jpg



アメリカのジョージア州出身の女性アコースティック・デュオ
【インディゴ・ガールズ】
アメリカ女性アーティストの中でも、インディゴ・ガールズは特に
特別な存在として位置づけられている様に感じます。
メジャー・デビュー・アルバム『インディゴ・ガールズ』の中の【Closer to Fine】が僕の中では特に印象が強いのですが
良い意味合いでクラシカルなイメージを受ける音楽性でありながら、今聴いても全く色褪せてない彼女達の音源は
比喩表現で表すならばバンド名通りの
「インディゴで染めた、洗いざらしの優しさと強さを併せ持つ一枚の生地」
そんな彼女たちのフェイスが、カラフルに彩られた、まさに自由でヒッピー要素の強い配色のグラフィックは
真っ白なボディにとても映える、まさにスタイルの中で一枚で輝きを魅せるデザイン!
ボディにはHanes BEEFYが使用され、コットンの程よい柔らかな風合いに合わせて肉厚さも兼ね備えた
着こんでいってより生地にプリントを馴染ませていくのを楽しんでもらえたらと思います♪











90's LENNY KRAVITZ "UNIVERSAL LOVE TOUR" ツアーTシャツ

¥15,900+TAX




IMG_4210.jpg



IMG_4213.jpg



マルチプレイヤーのアーティストの中でも絶対に外せないのが
こちらの【レニー・クラヴィッツ】
意外と音楽は知っていても、人物を知らなかった!という人が多いのは、少し寂しいんですよね。笑
アメリカ合衆国のシンガーソングライターであり、俳優業などもこなすだけあって
ここまでスター性の強いアーティストもなかなか居ないと感じます。
レコーディングなどにおいても自ら全ての楽器を演奏することもあるほどの演奏技術の高さは
その音楽を聴くと耳から離れない程の刺激を耳にストレートで直で受けます。
特に日本人ならば一度は聞いたことのある「自由への疾走」や「 Walk This Way」は長く音楽の世界でも聞かれ続ける、まさに王道の中の王様。
そんなレニー・クラヴィッツの1993年の「UNIVERSAL LOVE TOUR」の一枚は
Giantボディのがしがしと着こみたくなる丈夫で、芯を感じるさらりとしたコットンの生地に
大判の多色プリントで、レニ―らしい派手な衣装まで忠実に再現されております。
勿論、裾、袖ともにシングルステッチ。
通常より、着丈の長めなシルエットも個人的にはお気に入りのPOINTです!









MARITHE FRANCOIS GIRBAUD デザインデニムパンツ

¥7,900+TAX




IMG_4214.jpg


IMG_4219.jpg


IMG_4220.jpg


IMG_4218.jpg



マリテ+フランソワ・ジルボー(Marithé François Girbaud)。
極太でありながら、フランスのブランドであるだけにヨーロッパらしい品も感じる、唯一無二な今回のデニムパンツは
90年代、NYのダンサーや黒人層を中心に大流行したジルボーパンツ。
火付け役はアメリカのヒップホップ・ミュージシャン”GRAND PUBA”。ラルフの着こなしはもちろん、TOMMY HILFIGERなどはこの人無しでは90年代のニューヨークの黒人層にあそこまで受け入れられなかったのではないか?という程の当時のファッションアイコン。
そんな90年代のファッションシーンに外せないジルボー。定番のタイプではなく、変わり種のデザインの1本をご用意いたしました。


posted by Feeet 店員 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183221170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)