2017年11月20日

若のTシャツ日記1181★McGREGOR★BARBOUR★KARAKORAM★Patagonia★

こんにちは わかです





昨日は 岡山の皆様 お邪魔致しました!

1.jpg

多くの皆様にお越しいただき 本当にありがとうございます。


2.jpg

3.jpg


毎回お越しいただく方や 遠路はるばる!
多数の方にお越しいただいたようで、本当にありがとうございます。

楽しんでいただけましたでしょうか♪





さて ここ名古屋

急激に年末かの様な寒さになりましたね・・・・






早速ご紹介です!



まず初めはこちら 




PB200513.jpg

PB200514.jpg

PB200515.jpg

PB200517.jpg



言わずと知れたアメトラの名門 McGREGOR




FASHIONS FROM THE END OF THE EARTH

というタグ 当時としては最先端な素材だったんでしょうか?

SCIENCE IN FASHION

と銘打たれているこのラインは変わったデザインのものが多く、そういうところからのネーミングなんでしょうか?





地球儀タグとも呼ばれるこちらの1着







生地はこの当時の衣料に多いダクロン

McGREGORはアポロが月に行った時はNASA開発の中綿使ったりと  ハイテク素材が好きなブランド



更には こちら





トグル仕様の変形型





フードも高さのあるネックで どこかミリタリーを彷彿させます。







ラビットフードのこちらはボタンで脱着も可能です







60's McGREGOR フード付きコート
¥12900+TAX












お次も珍品




PB200507.jpg

PB200508.jpg

PB200509.jpg

PB200511.jpg



1894年の誕生以来、100年以上にわたる歴史と伝統を持つイギリスの名門 BARBOUR






3クラウンの1着

こちら 既存のトラディショナルなアイテムをベースに、シルエット・デザインを洗練させたハイエンドなコレクションである
Beacon Brand の1着






世界の厳選されたストアのみの展開となるハイエンドなコレクションライン「BEACON BRAND」
洗礼されたデザイン、シルエットのアイテムを展開しています





何と言っても珍しい素材





こちらナイロンの様な見た目と質感ですが、実はCOTTONです


バブアーはサウスシールズの港町で、英国の北東特有な不順な天候の中で働く水夫や漁師、港湾労働者のために ビーコンというオイルを塗ったレインコートを発売したのが始まり





そんな時代背景を感じさせる 1着ですね





Blackボディーの上、変わり種の1着
既にBarbourをお持ちの方でも 心くすぐられる1着では♪






Barbour CARBON DURHAM KANGOULE
¥15900+TAX













PB200519.jpg

PB200520.jpg

PB200522.jpg

PB200521.jpg


こんな寒い時は やっぱりダウン♪



シアトルの生んだ老舗アウトドアブランドエディバウアーの最高峰商品と名高いカラコラム




1936年に、アメリカで初めてアウターにダウンを使用したブランド
エディーバウアー

1953年、カラコラム山脈のK2登頂を目指したアメリカ人探検隊にダウンジャケットを提供しました。





そのときのモデルが、このパンツと対になるカラコラム・パーカー(Kara Koram Parka)になります。

K2(標高8611m)を想定したスペックを備えるダウン
その保温性の高さは言うまでもありません。

販売自体は1955年からスタートし、改良されながら50年以上作られています。
当時にして、いかに完成度が高い品だったのかが分かります。




エディバウアーの代表作の一つカラコラムシリーズ





ダウン パーカー(ジャケット) と対になるダウンパンツです

カラコラム山脈のデザインをしたタグ

元々ダウン製品は、全モデルにBauerDownと書かれた同じタグがついていたのですがカラコラムの販売数が伸びた為、60年代後半にカラコラム専用のこのタグが作られる事となりました





ベルトループは無くサスペンダーが付属




フロントジッパーはGRIPPERのカムロック





腰部分にARMYのM-43 カーゴパンツの様な大きなサイドポケットが付いています。

表面は60/40クロスで中にはグースダウンがパンパンに詰まっており、保温性はトップクラス




特徴的なダイヤカットのキルティング

ダウンの抜けも無く裾のリブもしっかりと健在




ヒップ部分はダブル使い






60's Eddie Bauer "KARAKORAM" キルティングダウンパンツ
¥17900+TAX










そして最後も変わり種





80's〜 Patagonia 裏フリースオーバーオール
¥12900+TAX



KID'Sに多く見られる こちらのオーバーオール








今回は MEN'S SIZEでご紹介です




フリースが使用された まるでレトロカーデの様な1着




こちら本来 オーバーパンツの為





通常のパンツの上から着用しても便利な様に バック部分はZIPで囲まれています





サスペンダー部分はゴム入り

70'Sのチープな金具も魅力的です

アウトドアにもタウンユースにも保温性抜群の1着です


珍品好きの方は是非。






では今日はこの辺で。

ありがとうございました。








Feeet Instagram 
START!!2017

feeet_vintageclothing

instagram START!

posted by Feeet 店員 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月19日

まっすーのアメカジ女子トーーク。no.124★Reebok CLASSIC CLUB C 85★



こんばんは!



増島です



近頃、寒いしか口にしていない気もしますが。。。。

本日は得に寒い1日でしたね。。。。。!!!



寒いのが大の苦手な私なので、つらく厳しい時期になってきました。。(笑)





寒さを忘れるとしたら、やっぱり人は 服ですね!



では本日もさっそく!

ご紹介にはいります
























Reebok CLASSIC CLUB C 85
¥7900+TAX




IMG_8994.jpg

IMG_9001.jpg

IMG_9012.jpg


IMG_9010.jpg

IMG_9011.jpg




ホワイトなどの、クリーンなワントーンカラーが定番モデルですが

今回入荷したのは、パープルにグリーンのポップなパステルカラーの物。


比較的に珍しいカラーリングかと思います。




柔らかい淡ーいカラーが良いですね


今年も気になるカラーです。


真冬の重くなりがちなスタイルに簡単にバランスを◎


IMG_9005.jpg

IMG_8993.jpg






IMG_9010.jpg

素材はスエード。



Reebok CLASSIC CLUB C 85 「クラブC」は

1985年にテニス用コートシューズとして誕生したモデル。

アッパー素材に高級天然皮革をを贅沢に使用することで、優れたフィッティングを実現させています。


そのシンプルな佇まいと汎用性の高さからリアルクローズとしても、親しまれてきたモデルです















Reebok CLASSIC CLUB C 85
¥7900+TAX


IMG_9006.jpg


IMG_9007.jpg





個人的に好きな色合わせでスタイリング。

IMG_9008.jpg


ブラウン系(土臭い物)+淡い発色の良い色(ポップな物)


こちらも

日常 + 非日常 なニュアンス 〇●

IMG_9009.jpg


シルエットもスマートなので、

様々なボトムスと相性が良さそうです



IMG_9012.jpg







前回のブログでも書きましたが、

ポップな物ほど、冬に着たいです



















今回はもう1本パンツをご紹介














Plantation デザインデニムパンツ
¥9900+TAX




IMG_8993.jpg

IMG_8994.jpg


部分的に たっぷりとギャザーの入った特徴的なデザイン







IMG_8996.jpg


穿いてみると

こんなシルエットになります


IMG_8997.jpg

IMG_8998.jpg

IMG_8999.jpg



下へ向けて ギュンとテーパードが効いています



IMG_9000.jpg

穿くとよりかっこいいシルエットです




Plantation(プランテーション)は日本のブランドで、会社自体はイッセイミヤケグループ。





IMG_9001.jpg


IMG_9003.jpg

IMG_9004.jpg


イッセイミヤケ自体にもこう言った、 加工の多いシーズンがあったそうなので

それも反映しているかもしれませんね。





ドメスティックブランドらしい、斬新なデザインが光る1本です


濃い目に残った紺地にギャザーのディティ−ルに沿って 色落ちしているのも ナイスです◎














では、駆け足ではありますが時間が迫っていますので、この辺で。


本日も雨の中、たくさんのご来店誠にありがとうございました♪

posted by Feeet 店員 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Feeet
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル1F
052-242-9433
11:00〜20:00

Feeet 2nd
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
052-242-7599
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)

Lala
名古屋市中区大須3-17-1 赤門ブラザービル2F
052-212-7609
12:30〜20:00(平日)
11:00〜20:00(土日祝)